子供を預けるようになった親が抱く不安や悩みとして多く挙げられるのが「他の子と同じようにできるかどうか」ということではないでしょうか。

特に、発達障害などを抱える子の親御さんにとってはとても不安な点と言えるでしょう。そこで頼りになるのは園の先生や放課後デイサービスのスタッフであり、自身が見ることのできない姿を伝えてくれる存在ではないでしょうか。

馴染めているのか、決められたことをきちんと頑張れているかどうか、そう言ったことは送り迎えのちょっとした時間や、また定期的に開かれる保護者会、さらには毎日提出している連絡ノートなどを利用して知ることができると言えるでしょう。

ここで気をつけておかなくてはならないが「人の感覚との差」を理解しておくことでしょう。先生の何気ない言葉に、多くの親の感覚は左右されがちなのではないでしょうか。もちろん、何か引っかかることがあれば直接先生に報告し、相談することがベターでしょう。

しかし、何人もの子供達を相手にしている専門家が「気にすることはない」というような雰囲気でいるようであれば、心配しすぎることはないと言えるでしょう。

「〜のようなことはありますが、そのうち慣れてくれば大丈夫でしょう」と言ったような内容に対し「〜のようなことがあるんだ…どうしよう」というような心配は無駄とも言え、先生を信頼し、良い方向に言葉を翻訳して捉えていくことが望ましいでしょう。

愛する我が子のことですから難しいかもしれませんが、園での行動を心配しすぎるよりも、家でしっかりと見守ることに専念すべきと言えるでしょう。

発達障害をもつ子供たち

発達障害を持つ子供たちの将来を見据え、周囲で支える家族や学校の先生がたなどは、彼らの「特性」のある行動を見守る中で、なかなか思うような指導や教育を行えないこともあるかもしれません。

周囲でサポートや支援を行う大人たちが、焦ったり苛立ったりすることは、本人たちに、かえって不安を与えてしまったり、不安定な気持ちにさせてしまう可能性があります。

そのような指導や教育の中で、大きなストレスを抱えてしまうことが本人たちにとってのトラウマや 集団行動への拒否などに至ってしまうことなどもありますので、感情的に言葉を荒げてしまうような子供の場合、彼らを見守る側のご両親などにも、専門的なサポートが必要であるという意識改革も必要となってくるでしょう。

発達生涯を持たない子供達の子育てなどの中にも、多くの悩みや不安はあるはずです。発達障害を持つ子供たちとのコミュニケーションには、何よりもその「特性」を理解することが大切であると言われています。

しかし、反対に彼らの「特性」に関して、過度に周囲が反応してしまうことも、大きなストレスとなってしまうようです。そのため、放課後デイサービスにおいても、彼らの特性をよく理解し、将来的に自立を促すような導きであることを目標としています。

発達障害と子供たちの支援

発達障害を持つ子供たちが、その「特性」と呼ばれる脳機能の障害を周囲の子供達と比較してしまうと、学習能力や物事の判断力といった面で劣っていると感じられることが多いようです。

しかし発達障害があることで、優れた能力を発揮する子供たちも多く見られるようで、周囲でサポートをする家族や大人たちは、彼らひとりひとりの「特性」をよく見極め、その長所と短所をバランスよく成長させてあげるような導きが必要となってくると言えるでしょう。

発達障害を持つ子供たちは、自分自身の存在や行動に関して、視野がとても狭いと考えられているのではないでしょうか。

発達障害の「特性」とも言える「こだわりの行動」を見せることで、周囲の子どもたちとは異なった遊びや学習を行うなど、意図せず集団行動を乱しているといったこともあるようです。

また、そのような自覚もないことが多く、そのような発達障害の「特性」を問題行動として責めたり注意をしてしまわないことが大切と言えるでしょう。

本人たちは意図していない行動で叱られるわけですから、パニックやかんしゃくなど、情緒不安定の状態に陥ってしまうこともあるからです。

放課後デイサービスでは、発達障害をもつ子供たちの行動をきちんサポートしながら、本人たちにとって分かりやすいガイドラインを引いて、正しい事柄へと導いてあげることが大切だと考えています。