サイトを読む前に

精神障害者保健福祉手帳 「精神障害者保健福祉手帳」取得対象として、発達障害が含まれているということをご存知でしょうか。発達障害を抱えている方の中には、このように障害者手帳を取得することを、嫌がったり、否定するといった人々も少なくないようです。しかし、障害者手帳の取得というのは、生活をしていく中で、多くの支援を得ることができる制度と言えるでしょう。手帳を取得することにより、社会生活の中で、サポートを必要としていることや、支援者が大切な存在であるということを多くの人に知ってもらうことも、社会的なつながりを形成していくためには欠かせないアピールでもあるのではないでしょうか。

発達障害のように、見た目で判断することの困難な「精神障害」というのは、周囲からしてみたら自分たちと変わりのないように感じられるため、手帳の提示というアピールは非常に重要なアクションになりうるのではないでしょうか。何かしらの障害を持ち、時には手助けが必要なのかもしれないという事柄を、相手が知っていることは、生活していく中ではとても大切な情報でしょう。

「精神障害者保健福祉手帳」は、「発達障害」「うつ病」「てんかん」「アルコール依存症」「統合失調症」といった「精神障害」を抱える方が取得できる手帳とされているものでしょう。障害者手帳を持っていた場合でも、一般枠での就職を試みることも可能であり、「障害者手帳」を取得したからといって、必ず告知をしなければならないということもないでしょう。必要な時に困らないよう、相手側に理解が得られる手段のひとつとして覚えておくと良いのではないでしょうか。