ぼーっとしている子

保育園などの集団生活の中では、社会生活のように「足並みを揃える」ということが大切になってくるのでは無いでしょうか。そんななかで先生が困ってしまう状態として挙げられるのが「ぼーっとしてしまう子」ではないでしょうか。こう言った子は、クラスで一斉に何かを始めるときにスタートの時点で足を引っ張ってしまうという状態になってしまうことがほとんんどでしょう。しかし、こう言った困った状態を生み出してしまうのにも理由があることを知っておかなければならないでしょう。もちろん先生たちはそれがわかっているため、その子の準備だけ少し早めに始めるなど、その子が焦ったり困ってしまわないような対策をしてくれているでしょう。大切なのは、そう言った対策や状況に対して、親がどれだけ理解しておくかということではないでしょうか。ぼーっとしている子に一体何が起きているかというと、そのほとんどは不安や困っていることが多いことが要因となっているようです。行動の流れがわからなかったり、遊びのルールがわからなかったりしているけど、どうやってそれを伝えていいかわからないという子が「ぼーっとする」という行動に繋がっていることが多いと考えられているようです。こう言ったことを親が理解しておくことができれば、生活の中に「区切り」を設け、休憩しながらお話をすることによって子供は考えを少しずつでも伝えられる時間を見つけることができるでしょう。発達障害であるとかは関係なく、一人一人に対してその子にあった環境を作っていけることが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です