発達障害と就労先の選択

発達障害を持っている人が、就職先を考える時、「一般枠」を選ぶこと、もしくは、「障害者枠」を選ぶことに迷いを感じてしまうこともあるかもしれません。また、発達障害の「特性」などが、ある人々は、「精神障害者保健福祉手帳」などを取得することによって「障害者枠」からの入社を試みることも可能となります。障害者手帳を持っているからといって、必ずしも障害者枠を利用しなくてはならないというわけではありませんが、発達障害の特性を持つ人々にとって、そのような「特性」を、きちんと理解してもらえない環境で、日常的な生活を送ることは、多くの困難を抱えることとなるでしょう。場合によっては、単なる「個性」や「風変わりな人」などといった形で受け取ってもらえるのであれば、本人へのストレスなども軽減されるかもしれませんが、発達障害の「特性」とされる、「こだわりの行動」などが周囲の人々を驚かせてしまうことで、職場でのコミュニケーションが、取りづらくなってしまったり、業務に差し支えてしまうようなことも考えられます。発達障害を持つ人々が、就職先を考える中で、「一般枠」を選ぶメリットとしては、職種や業種などの選択枠が、「障害者枠」を選択するよりは、絞られないこと、また、正気的な雇用の中で、昇進や昇給などが見込めることなどがあります。また、障害者枠を利用して、就職先を選択する場合は、発達障害の「特性」の理解や配慮などが、職場での受け入れ体制として準備されることが多く、また、残業や人事、転勤などに関する事柄において、発達障害の「特性」を配慮してもらえるなどといった体勢がみられるようです。それぞれに、メリット・デメリットがありますので、発達障害を持つ本人にとって、どのような選択が、プラスになるのかを考えた上で、将来を見据えた選択を行うのが良いでしょう。